肩こり解消テクニック・社内編

公開日: : 最終更新日:2014/05/13 その他, スポーツトレーナー, トレーニング, 肩こり

貴方は夕方になると肩こりがすごく気になったことはありませんか?長時間にわたるデスクワークでは同じ体制を続けることから筋肉が硬直してしまいます。そして血行が悪くなりがちになります。そうなってしまうと、肩こりや目の疲れなど、そして顔や頭部に血液と栄養が十分に行き渡らなくなってしまうことからシワやたるみをも引き起こしてしまいます。

特に春は気候や環境の変化もあるので、疲れがたまりがちです。そこで今回は、デスクワークに励む女性が簡単にとり入れられる肩こり解消のテクニックを4つご紹介しますね。

1、水を飲む

水分をたくさんとると脚がむくみやすいのとと思っている女性も少なくありませんよね。しかし水分が不足してしまうと血液がドロドロになってしまい、血行不良を招きます。こまめに水分補給を行うことで血行不良を防ぐことが大切になります。

2、席を立つ癖を

長時間のデスクワークだからこそ気をつけてください。まずこまめに席を立つことで血行促進につながります。30分に1度は立って歩いてみたりして、屈伸をするなどするだけでも全身の血行改善につながりますからね。座りっぱなしにならないように意識してくださいね。

3、肩回し

特に肩まわりの筋肉が硬直しがちになりますので、席を立つタイミングで片方ずつ肩を大きくグルグルとまわすといいですよ。左右10回ずつまわすだけでも、肩まわりがほぐれて血行も改善します。かなり違います!肩や首の血行がよくなると頭もスッキリし、顔色もよくなります。スッキリできますよ!

4、帰宅後は自宅でマッサージ

仕事中は緊張感を感じてしまい、気をはっていることから肩まわりの筋肉が硬直して、血管が収縮した状態が続いています。帰宅後はガチガチになった筋肉をほぐしてください。リラックスすることで1日の疲れをリセットしてください。肩まわりはなかなか自分では届かない部分になりますが、マッサージ機を使用するとほぐせます。

ストレッチでもいいのでリラックスしておこなってくださいね!




関連記事

no image

昨日の自分に勝つ・ダイエットするぞ

昨日は少しトレーニングできましたか!? 自宅でできるダイエットは自分に勝たないと始まりません。

記事を読む

肩こり解消に欠かせないのが・クエン酸

ちなみに私の場合での話をしていきます。私は不愉快な肩の痛みを感じていましたが、クエン酸を毎日飲用する

記事を読む

肩こりを解消のためにはストレスをためない!

ストレスは体の血管を緊張させてしまいます。だから凝りがおこります。その結果血流不足がおこり肩こりの症

記事を読む

急性期に四十肩・五十肩に効果的な運動は

急性期に四十肩・五十肩に効果的な運動はあるのか?はい。あります。急性期の四十肩・五十肩には薬物を使っ

記事を読む

女性必見・生理中のむくみと体重増加の原因は何か

女性の悩みで生理前や生理中のむくみ、体重増加の原因は何でおこるのか気になる方も多いのではないでしょう

記事を読む

肩こりは歩くことで改善します・知ってましたか?

適度な有酸素運動をすることにより代謝がよくなり肩こりの改善がみられます。血流の量が上がりますので体の

記事を読む

no image

ストレッチ

こんばんは! 寒い日が続きますね・・・・ 寒いので運動前には念入りにストレッチをしてくだ

記事を読む

肩こりの原因について知ろう

肩こり原因はいくつかありますが代表的なものが、筋肉の緊張からきます。ぞくに言う『凝り』ですよね。その

記事を読む

no image

トレーニング開始にあたって

① カンファレンスを開催し、参加者個々の身体状況をスタッフ内で共有し対応しましょう。 ② 痛みの評

記事を読む

肩こりのメカニズムを知ろう

肩こりのメカニズムにつにて話したいと思います。まず肩こりのメカニズムについてご説明していきましょうね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑