肩こりの悩み・肩こり改善・その2・まとめ編

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 その他, スポーツトレーナー, トレーニング, 四十肩・五十肩, 肩こり

今すぐ断ち切りたいオフィスでの肩こり悪習慣をここでご紹介!!!

・足のブラブラ座りをやめて!

これは、足から心臓に戻る血流を悪くしてしまうのです。足のむくみや、冷え性の原因となって肩こりを悪化させます。さらに進行すると、疲れやすくなってしまい、集中力が低下してしまうこともあります。高すぎるイスを調節し、足をブラブラさせる癖を直しましょう。これは早急に改善してください!

・机下のスペースに、物をぎゅうぎゅう詰めにすることをやめましょう!

これは、筋肉を緊張させてしまいます。人は座りながらも、体重移動や足を少し動かすことで、下肢の血流を保ちつつ、筋肉や骨格の負担を分散させているんです。狭すぎるスペースでは足の自由な動きが抑えられてしまい、無理な姿勢を長時間してしまうことのよる、肩こり悪化の原因になります……。机下はスッキリ片付けるようにしてくださいね。これもすぐにやりましょう!

・机の上にはLANケーブルが一杯・・・・はぁぁぁぁ改善して!

これは、脳を疲れさせてしまいますよ。机の上を整理すると、目から入る情報が整理されて、仕事がはかどるだけでなく視覚情報が単純化するので、脳の負担が減りますので片づけて下さい。

腕が自由に動くように、デスクの上をすっきりさせましょうね。腕の動きが自由になれば、肩、腕の負担を減らして、肩こり解消に役立ちますから。

・窓が写り込むデスクトップモニター・・・・

これは、目の疲れを倍増させ、肩こりを悪化させてしまいます。とくに、左肩だけがこるなど、片側だけの肩こりは片頭痛の可能性がありますので、ブルーライトを多く含むモニターの刺激だけでも肩こり頭痛を起こしやすいですよ。

こまめに窓のカーテンを閉める、モニターの向きを変える、席を替えるなどを行ってくださいね。

・女性の場合ポニーテールや重いバレッタを高い位置で止めるヘアスタイル

これは、髪を通して頭皮に余分なテンションをかけ、頭皮の血流を抑制し、頭皮の負担を増やしますよ。

後頭部の頭皮を支配する神経は、後頭部から首にかけての筋肉と血流も支配しております。首こりや、肩こりの原因となります。頭皮の負担を減らす髪型やバレッタを心がけましょうね。

・気付けば2時間以上パソコンに向かいっぱなしで仕事をしてる・・・・

これも避けたい習慣になりますね。必ず1時間に1回はパソコン操作を中断して、休息を入れましょう。肩こりを回避するために、1時間に1回、わざとトイレに立つといいですよ。あとは伸びの運動も必要になります。

足を動かし、パソコン画面から視野を一旦外すことで、全身の血流が改善して、ストレス解消、リフレッシュするきっかけになりますので動くのがおすすめ。

・コーヒーの飲みすぎ・・・健康にも良くない!

カフェインは神経を興奮させ、痛みをより敏感に感じさせてしまうので、摂りすぎはNG。200mg以上常習的にカフェインをとっていると、カフェイン中毒になってしまいますよ。

つねに肩こりや首の痛みを感じている場合はとくに注意が必要になります。1杯のコーヒーには80mgのカフェインが含まれているため、一日に飲むコーヒーは2杯までに抑えてくださいね。

これらはすぐにできるので早速明日からチャレンジしてみて下さい!images1515455




関連記事

肩こりの悩みがある貴方へ

デスクワークなどの仕事が続くと、肩こりや首のこりが辛くなりますよね。 これは同じ姿勢が続くこと

記事を読む

肩こりに効く漢方はあるのか

肩こりと漢方はその人の年齢や体調、その時に感じている自覚症状などによって様々な処方がなされます。肩こ

記事を読む

四十肩・五十肩の管理方法

四十肩・五十肩になってしまったらもう向き合うしかないわけです。まずは簡単な作業の流れです。 1

記事を読む

no image

うちももを引き締めよう・マイナス10cm以上目標

1度ついてしまうと、なかなかおとせないのが太もものお肉。ダイエットをやっても上半身は痩せるけど、太も

記事を読む

むくみやすい人はどのような人か

正直に私が思う事ですが記事を書きます。現代人でむくみやすい人はどのような人かをお答えしていきます。ま

記事を読む

トレーニング後のゴールデンタイム

みなさんトレーニング後のゴールデンタイムってご存知でした?そう筋肉の損傷が起きている間にタンパク質(

記事を読む

ふくらはぎ肉離れリハビリ

◆ふくらはぎ肉離れのリハビリメニュー ふくらはぎの肉離れのほとんどは、ふくらはぎの筋肉を構成する「

記事を読む

女性必見・生理中のむくみと体重増加の原因は何か

女性の悩みで生理前や生理中のむくみ、体重増加の原因は何でおこるのか気になる方も多いのではないでしょう

記事を読む

腰痛ストレッチ・その4

腰の後ろの筋肉を伸ばします。意識する場所は腰の後方です。まずは軽く両足を開いて立ち、両ヒザをごくわず

記事を読む

腰痛解消・運動療法編

腰痛解消の運動療法は主に腰周りや下半身の筋肉や関節を鍛えるために行います。 ・どんな状態の腰痛

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑