ダイエット・食事制限しても体重が減らなくなったのはなぜか

公開日: : 最終更新日:2014/10/22 その他, スポーツトレーナー, ダイエット

過去のダイエットで食事制限のみで順調に落ちていた体重が、どれだけ食事量を減らしても落ちなくなってしまう経験はないでしょうか。最初は夕食を抜いただけで簡単に体重が落ちていたのに落ちない・・・。次に昼食まで抜いても下げ止まってしまったとの経験はあるはずです。

そしてさらに朝食もフルートや野菜のみ変えたけど、それでも下げ止まった体重はこれ以上落ちてくれない…。ほとんど絶食状態に近いのに、体重が全く落ちなくない。あなたにもこのような経験はありますか?

なぜ体重が落ちなくなったかと言うとダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスで成り立ちます。消費カロリーが一定なら摂取カロリーを減らせば体重はいつまでも落ちていきます。

だが、あまりにも無茶な食事制限をした時は基礎代謝が落ちてしまいます。(筋肉量が減少)この場合の基礎代謝の低下は、摂取カロリーがあまりにも少なくなったために体が緊急の省エネモードに入ることが原因にあげられます。

1日の摂取カロリーが異常に少ない場合は、体の体温が下がり、貧血になり、病気に対する抵抗力も低下します。ようは最悪な事ばかり!体のあらゆる機能を低下させてエネルギーをあまり使わないようにします。人間は飢餓に耐えられるようにできているのです。だから痩せなくなるように体が順応します。(これは生きていく為におこる行為です)

過酷な食事制限を続けてもある日を境に体重が下げ止まった場合は、省エネモードで体の消費カロリーが低下した為に、摂取カロリーを異常に低くしても体重がほとんど落ちないというわけになります。

このような体が飢餓を感じるような状態ですと、食事制限はまったく無意味です。今よりある程度摂取カロリーを増やして、体の機能を本来の状態まで回復させることが先決になります。

それほど過酷なダイエットをしていないのに体重が落ちないようなダイエットの停滞期に陥ってしまった場合には、体内で食欲増進ホルモンが優位な状態になり食欲が抑えられなくなったことが原因の可能性もあります。

この場合は食べていないのに体重が落ちないのではなく、間食をしていたりご飯を食べる量を減らせていなかったりなどが原因かもしれません。摂取カロリーを減らせていないことが停滞期の最大であり唯一の原因です。

だからこそ短期間で一気に体重を落とした場合には、人間の体は体重を元に戻そうとするようなしくみが働くのです。だから急に痩せてもリバウンドがすぐに起こります。

短期間で体重を大幅に落とした場合、体内の食欲増進ホルモンが優位な状態になりますよ。これに対抗して食欲を抑えるためには食欲抑制ホルモンの分泌量を増やす必要がありますからね。

このような現象が起きたらたんぱく質を摂取して、体内で食欲抑制ホルモンの分泌量が増えます。よって、停滞期で食欲を抑えきれないと感じた時にはたんぱく質の摂取量を増やしてみてください。おすすめは鳥のささみや胸肉です。

高タンパク・低脂肪の食品が効果的ですよ。




関連記事

筋肉からくる腰痛の種類

ここではその原因。 しかし腰痛の原因は1種類ではなくさまざまあります。そのうちの1つが、筋肉の

記事を読む

肩こりに効く漢方はあるのか

肩こりと漢方はその人の年齢や体調、その時に感じている自覚症状などによって様々な処方がなされます。肩こ

記事を読む

肩こりの種類・ストレスタイプ

あなたはストレスをため込んでいませんか?そう精神的なものから肩こりになる場合がありますから要注意。特

記事を読む

どのような人が腰痛になりやすいのか

どのような人が腰痛になりやすいのかという質問が多数あるので掲載します。 腰痛になりやすい人の特

記事を読む

有酸素運動とは

有酸素運動とはなんでしょうか?わからない方もいるかもしれないのでご説明します。どんな運動が有酸素運動

記事を読む

肩こりと頭痛の関係は

肩こりと頭痛の関係について書きます。 頭痛にはさまざまな原因がありますが、肩こりと密接な関係を

記事を読む

顔やせダイエット方法

どんなにダイエットを頑張って痩せても、顔だけは脂肪が落ちないで大きいままという経験をしたことはありま

記事を読む

ダイエットの際の食事例・その2

他の食事例もご紹介します。 鳥のささみ(約140g) ロールパン(マーガリン等はいってい

記事を読む

腰痛の原因は冷えにも影響する

患部に直接働きかける方法としては、患部を冷やす方法と温める方法がありますね。どんなときに冷やして、ど

記事を読む

肩がこる原因・座ると良くないのか

◆これをやると首が危ない◆ ・電車で寝ててふと目が覚めるたら、隣の人に寄りかかるほど、首を横に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑