四十肩・五十肩解消するには

公開日: : 最終更新日:2014/05/13 その他, スポーツトレーナー, トレーニング, 四十肩・五十肩, 肩こり

四十肩・五十肩や肩こりは老若男女とわず慢性的に苦しんでいる人が非常に多い体の不調のひとつです。
同じ姿勢でパソコンやテレビを長時間使用する日があったり重たい荷物をたくさん持ったりしたというような1過性の肩こりであれば、ストレッチやマッサージなどで様子を見ればとくに特別な治し方を検討しなくても大丈夫です。問題なく解消できます。
しかし、四十肩・五十肩のような年齢に起因した症状や日常生活に大きな支障をきたす痛みが続くような肩こりだと、正しい治し方を施して日々の暮らしで痛みを伴わないようにしたいものですよね。痛みが出ると日常生活に支障が出ます。四十肩・五十肩とは40代、50歳代の人に見られる特有の肩の痛みで、腕が思うようにあがらなくなることで日々の日常動作にも支障をきたすという厄介な病気です。
いったん四十肩・五十肩の症状が出てしまうと、衣服を脱いだり着たりすることが自力では出来なくなってしまったり背中に手が回らなくなってしまったりするなど、ただ肩が痛いという1言で片付けて治し方を考えずに放置しておくことはできなくなります。これが厄介なんです。
正しい治し方で日常生活に支障が出ないようにしたい強い痛みを伴う厄介な症状が四十肩・五十肩なのです。四十肩・五十肩になってしまうととにかくかなり激しい痛みをあらゆる動作で伴ってしまいますからから、ほとんどの方の場合ははじめに薬で発症してしまった痛みと炎症と痛みを抑制するということから始めます。ここがポイントになります。
そして、少し痛みが和らいでくると、今度は肩関節をしっかりと動かす体操を続けるという治し方を取り入れるようになります。動かさないのも逆効果なんです。
通院は、痛みが大きい発症直後は週1~2回、落ち着いてきたら1ヶ月に1回程度が平均です。

あとは無理をしないで下さい。
futta2588s




関連記事

肩こりに効く漢方はあるのか

肩こりと漢方はその人の年齢や体調、その時に感じている自覚症状などによって様々な処方がなされます。肩こ

記事を読む

妊娠中の妊婦さんの肩こりはどう改善するのか

妊娠中の妊婦さんの肩こりはどう改善するのか? おなかや乳房が大きくなっていくにつれて、姿勢が変

記事を読む

四十肩・五十肩でお困りの方

四十肩・五十肩で悩んでいる方は多数いるかと思います。原因は柔軟性の低下による急激な稼動による関節の損

記事を読む

肩こりの原因

最近、肩が凝るな・・・。と感じることはありませんか?それはなぜか?まず自分に言い聞かせて下さい。

記事を読む

腰痛ストレッチ・その4

腰の後ろの筋肉を伸ばします。意識する場所は腰の後方です。まずは軽く両足を開いて立ち、両ヒザをごくわず

記事を読む

肩こりの種類・内臓トラブルタイプ

このタイプの肩こりにも要注意が必要です。そう内臓に疾患がある場合には、肩こりの症状が出る場合がありま

記事を読む

四十肩・五十肩にならないように・まとめ編

四十肩や五十肩は、重症になると普段の生活にも支障をもたらしてきます。 服を着るのも痛い・・・・

記事を読む

肩こりを解消のためにはストレスをためない!

ストレスは体の血管を緊張させてしまいます。だから凝りがおこります。その結果血流不足がおこり肩こりの症

記事を読む

有酸素運動とは

有酸素運動とはなんでしょうか?わからない方もいるかもしれないのでご説明します。どんな運動が有酸素運動

記事を読む

どのような人が腰痛になりやすいのか

この時代の悩みは腰痛と言われていても過言ではありません。できるなら腰痛は解消したいものです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑