スポーツトレーナーを目指すには

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 その他, スポーツトレーナー, トレーニング

スポーツトレーナーといっても色々な分野があります。まず自分がどのようなトレーナーになりたいかを絞るのがいいこと思います。(キャリアを積めば色々は方向へ進むのは可能です。)
どのようなのがわからないというかたには→スポーツジム、フィットネスジムのトレーナーから、トップアスリートやプロ選手のプライベートトレーナーまで多数あります。

そしてどのようなスポーツトレーナーを目指すのかを明確にして勉強する必要があります。
体育大学やスポーツ系の専門学校の卒業生でも資格をえられますから、就職は狭き門と言わざるを得ませんが・・・・

しかし近年子供の体力や運動能力の低下が問題となってますので、運動の家庭教師というのもありますし、幼稚園、小学校でスポーツトレーナーによる子供たちへの指導もあります。

これまでスポーツトレーナーというとトップアスリートのためだけの感がありましたが、成人病予防、健康維持・増進の観点から運動の効用が広く知れわたり結果として色々なスポーツジムやそれに類する教室や施設が出てくるようになっています。
あとは自分がやりたいことをやるためには、情熱は欠かせませんよ!
たとえその仕事ができなくても、その仕事の周辺にいることが大切です。
雑用でも何でもやるから置いて欲しいという想いが大切かと。ちなみに私はアルバイトから雇ってもらいそのごプロのスポーツトレーナーになりました。勉強もめちゃくちゃしました!本気でやれば道は開けます!




関連記事

肩こり・腰痛の緩和にストレッチをやろう

悩みはありませんか?人により手足のしびれの原因はさまざまですが… 肩こりや腰痛がひどくなって、手足

記事を読む

四十肩・五十肩解消にはどうするのか

四十肩・五十肩は肩こりと混同されることも少なくありませんが、日常生活のあらゆる動作に付随して肩の周り

記事を読む

腰痛の他の対処方法

普段の生活の中で大切なことは腰痛の予防と治療には、腰の筋肉や骨を強くしておくことも大切ですよ。筋肉の

記事を読む

筋力アップのプログラム

筋力をアップしたい方のためにウエートの回数を紹介します。 1セット目は1RMの80パー

記事を読む

肩こりを予防するには

肩こりは予防できるに越したことはありませんよね。日常生活の中で何に注意すれば予防できるのでしょうか?

記事を読む

緊張性頭痛の原因を探ろう

悩ましい肩こりからくる頭痛はどうしたら改善できるのでしょうか。この重い痛みとして感じるため、ズキズキ

記事を読む

原因や症状について

原因や症状について話します。肩こりのメカニズムについてご説明しまししたが、今回は日常生活に潜む肩こり

記事を読む

筋肉からくる腰痛の種類

ここではその原因。 しかし腰痛の原因は1種類ではなくさまざまあります。そのうちの1つが、筋肉の

記事を読む

ダイエットに役立つ有酸素運動のやり方は

効果的な時間はいつか?そうです一番は朝なんです。 メカニズムですが体内のエネルギーを作りだす順番は

記事を読む

ダイエット・食事制限しても体重が減らなくなったのはなぜか

過去のダイエットで食事制限のみで順調に落ちていた体重が、どれだけ食事量を減らしても落ちなくなってしま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑