肩こりストレッチ・体操

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 その他, スポーツトレーナー, ダイエット, トレーニング, 四十肩・五十肩, 肩こり

・肩こりはなぜ起きるのか?頭と首を支える筋肉が緊張したままの状態になっているの状態なので、この筋肉をほぐして血行を良くしてから、酸素や栄養を循環させ、老廃物を取り除き少しでも肩こりを解消できる体操・ストレッチをご紹介していきます。

そうこれを実践しましょう!90秒間で出来る簡単なストレッチの方法ですが、イスに座ってまずは肩甲骨を開くようにして腕を前に出して30秒間キープしましょう。
この時には、頭を屈めるようにしてストレッチをすると効果的になります。
30秒間キープが終わって、今度は状態を起こしまして左右の肩甲骨をくっつけるようにして腕を水平にして、肘を曲げてさらに30秒間キープします。
ここでは呼吸を止めないようにしてください!分かりやすく言いますと、腕を横に水平にした状態で肘だけを90度曲げます。
30秒間キープが終わりますと、さらにその状態から腕だけを万歳する形にして30秒間キープします。
わずか90秒間のストレッチですが、効果的に肩こりを改善することが出来ますよ。
呼吸に関しては、不自然に深呼吸をするのではなくて、普段通りの自然な呼吸にしましょう。ようはリラックスしておこなうのがポイントです。

肩こりを改善する時に重要なのは、出来るだけ体の血行を良くすることです。
体の血行を良くすることによって、肩こりで固まってしまった部分にも血液を送ることが出来ますので、肩こりが改善しますよ。
このストレッチを行う時は、血行が良い時に行うことが効果的ですのでお風呂上がりや、ドライヤーなどで片を温めてから行うとより効果的です。
筋肉は暖かい方がより伸びやすくなるわけなのです。
肩こりは酷くなる前に改善する事が良好な状態を保つために重要です。
手軽にできるストレッチを取り入れて、肩こりに悩まされない生活を送って下さい!

毎日動かして快適な生活を送って下さい!

yjimage757574

 




関連記事

肩こりには理由があります

一カ所に負担がかからないように、分散して作業する。 使いすぎの筋肉はゆるめ、使っていない筋肉が動くよ

記事を読む

腰痛ストレッチ体操のご紹介

まずはストレッチにて腰痛を緩和しましょう!腰痛のときには腰の筋肉は緊張し拘縮していましょう。 この

記事を読む

激痛が走る腰痛とは・腰痛解消

われわれ人間にとって、腰痛とぎっくり腰は、とてもつらい病気になります。 ぎっくり腰になる状況と

記事を読む

夏場のNGダイエット過酷な運動

激しい運動をすればたしかに痩せる可能性は高いです。たしかに運動によってカロリーを消費すること

記事を読む

ダイエットの食事は?

ダイエットの食事は?  ダイエットをしていると食べ物を食べたくなくなりますよね・・・。 でも

記事を読む

超回復の原理を知って更なる体の進化をしよう

よく耳にする超回復の原理について簡単にご説明します。そう人体に起こる現象として「超回復」というものが

記事を読む

肩こりはなぜ起こるのか!?

肩こりとは、肩の血行不良で起こります。 重い頭を支える首と肩には大きな負担がかかります。これが肩こり

記事を読む

短期の食事制限で痩せないのは何故か

短期の食事制限で痩せないのは何故か説明していきます。まず食事制限しても全然体重が減らない場合には、考

記事を読む

腰痛解消のためにストレッチをしよう

腰痛解消には、ストレッチが効果を発揮します。猫背や背骨にゆがみがある人は腰痛を引き起こしやすい状態に

記事を読む

肩こりの仕組みを解説します

ここでは肩こり・首こりの仕組みを理解することで対策がわかり、あなたの生活がもっと楽になるようにアドバ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑