寝違い予防はあるのか

寝違えないためにはなるべく次の3点を、注意することが出来ると良いと思いますよ。日頃の心がけ次第で、予防できることもありますので、可能なことから始めてみましょうね。

その時も、焦って性格(考え方)を直そうとしたりして、環境を変えようとすると、かえってストレスになってしまうかもしれませんね。ゆっくり無理のないようにすることが大切になります。

1、精神的ストレスから離れる

気になることがあったりして、ハードスケジュールに追われている時こそ、神経が高ぶり、身体が緊張しやすい状態になってしまいす。

その緊張が続くと、緊張とリラックスの切り替えが出来なくなってしまい、睡眠中も歯ぎしりをしたりして、歯をくいしばったりと、アゴや頚椎に負荷のかかる状態をつくりかねませんよ。

難しいことかもしれませんが、気になることや悩みや、明日のスケジュールのことから、頭の中から消す時間を、少しでもよいのでつくってみましょう。心地よい音楽をきいてみたり、情景を思い浮かべたり、好きなことに没頭することでも良いと思います。

2、楽しい食事、お酒と付き合う

胃に負担のかかるような食事をしないようにして、身体のことを考えず、好きなだけ飲んでしまうお酒には要注意ですよ。

残業で遅い帰宅の後に、食事をする日が続いたりして、宴会で無理にお酒を飲まなくてはならない状況が続いたりすることでも、内臓の機能が低下して、その反応として首から肩周辺の筋肉の緊張を起こす場合がありますので注意。睡眠中は、胃も休ませたいものですよ。深夜の食事や多量の飲酒にはくれぐれも注意しましょうね。胃が休まらなくなります。

3、体の重みを解消

朝起きて何かしら活動をしている時間は、身体へは重力がかかりがち、あらゆる姿勢や動作に対しても、関節や筋肉へ負荷がかかっています。毎日の生活の中で、ほぼ似たような動作が繰り返し行われるために、特定の筋肉しか使わなかったりして、疲労する部位が同じだったりすると、身体のアンバランスを招きてしまいます。

身体のアンバランスこそが恐ろしいのです。首(頚椎)への負担となる場合もありますので注意、日頃動かさない部分を、軽い体操をすることで動かして、血行を改善させたり、横になり関節への負荷を減らし、身体を休める時間もしっかり確保しましょう。そして、首肩周りも含め身体は冷やさないようにしましょう!

yjimage1




関連記事

夏場のNGダイエットってわかりますか?その1

・大量の水を飲むダイエット よく話題になっている「1日に一定量以上の水を飲むことによるダイエッ

記事を読む

肩こりの症状はどんなものがあるのか

肩こりの症状はどんなものがあるのか? 凝りはは自分から自覚症状があらわれることも多いですが、他

記事を読む

no image

これを守れば痩せる・最後にアドバイス

目標達成までは結構ながく辛い道のりですよね。 週1、月3回などとご褒美日を作りましょう。 たとえ

記事を読む

腰痛ストレッチ・腰の前面の筋肉を伸ばす・その1

立ったまま片足を後に上げ、足の甲を手で持ちましょう。 そのままゆっくりと足を持ち上げて股関節の前面

記事を読む

四十肩・五十肩にならないように・まとめ編

四十肩や五十肩は、重症になると普段の生活にも支障をもたらしてきます。 服を着るのも痛い・・・・

記事を読む

夏場は危険、置き換え系ダイエット

この時期は食が細くなりがちな方も多いのではないでしょうか?夏の暑い時期はただでさえ食欲が無く

記事を読む

肩こりの種類・急性タイプ

このように肩こりは急性タイプも存在します。 急性の肩こりには、若干血行不良型とかぶるところもあ

記事を読む

肩こり・首こり、その他の原因はなぜ起こるのか

肩こり・首こり、その他の原因はなぜ起こるのか?考えてみましょう。 まず多いのが目の疲労からきま

記事を読む

肩こり解消に欠かせないのが・クエン酸

ちなみに私の場合での話をしていきます。私は不愉快な肩の痛みを感じていましたが、クエン酸を毎日飲用する

記事を読む

ダイエットの際の食事例・その2

他の食事例もご紹介します。 鳥のささみ(約140g) ロールパン(マーガリン等はいってい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑