四十肩?五十肩?肩の痛みのサインを見落とすな!その3

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 その他, スポーツトレーナー, トレーニング, 四十肩・五十肩, 肩こり

質問です!あなたはある日突然肩に激痛が走ったことがありませんか?なぜこのようなことが起こるのかは、 人それぞれ違いますがそのうちのひとつとしては 筋肉の炎症を挙げられます。炎症からきている痛みですから炎症が収まれば痛みは消えるでしょう。今回はその炎症を抑える方法をお伝えしていきます。ただ、単に筋肉の炎症で急な肩の痛みが起こるといわれても、 なんだわからないよ!という人もいるのではないでしょうか???具体的にどういうことかというといいますと、 肩のあたりが熱っぽいような感覚が起こります。(なんとなく熱いなという感覚です)これと共に炎症性のものは、急な鋭い肩の痛みを 伴っているような状態をさします。この筋肉の炎症というのは、筋肉をこくしすることによる 筋肉疲労が原因の1つとして挙げられます。長時間スポーツを続けたりして、 同じく長時間車を運転したり、 パソコンを操作していたりと、 きっかけはたくいさんあります。そしてデスクワークをはじめ、 姿勢をずっと変えることなく作業を行うことにより、肩の筋肉を使い過ぎても、 急な肩の痛みに繋がると指摘されています。上記のようなことをすると、 疲労物質である乳酸が筋肉に蓄積されていて、 炎症が生じるケースがあります。筋肉の炎症により急な肩の痛みに 見舞われたときには、 自分でやれる対処方法を取り入れて下さい。まずは 病院を訪れることになるんですが一般には炎症を抑えるには 冷却法を取り入れます。(冷却シップ、アイシング)そして、 就寝中にも肩の負担をかけないようにするため まず自分に合った高さの枕を使うのをおすすめします。これは自分で行えるシンプルな対処方法ですが。。。ただ。 そうすることにより肩はしっかりと休むことができます。 疲労の蓄積によって起こっている炎症ですから まず患部を休ませることが重要です。そして急激な動作は禁物です!ゆっくり肩を動かしストレッチをしてから動作をしましょう!何事も急激な動きは危険です。気を付けてくださいね!?




関連記事

四十肩・五十肩解消するには

四十肩・五十肩や肩こりは老若男女とわず慢性的に苦しんでいる人が非常に多い体の不調のひとつです。 同

記事を読む

どのような人が腰痛になりやすいのか

どのような人が腰痛になりやすいのかという質問が多数あるので掲載します。 腰痛になりやすい人の特

記事を読む

四十肩・五十肩にならないように、予防編・その1

1、肩上げストレッチをやります! 1日、15回くらいに2~3セット行います。 初めにに掌を胸の

記事を読む

肩こりの原因

最近、肩が凝るな・・・。と感じることはありませんか?それはなぜか?まず自分に言い聞かせて下さい。

記事を読む

四十肩・五十肩でお困りの方

四十肩・五十肩で悩んでいる方は多数いるかと思います。原因は柔軟性の低下による急激な稼動による関節の損

記事を読む

肩こりの症状はどんなものがあるのか

肩こりの症状はどんなものがあるのか? 凝りはは自分から自覚症状があらわれることも多いですが、他

記事を読む

肩こりの仕組みを解説します

ここでは肩こり・首こりの仕組みを理解することで対策がわかり、あなたの生活がもっと楽になるようにアドバ

記事を読む

腰痛解消・歩けないほどの腰痛の時は内臓が悪いのか

今のあなたは歩けないほどの腰痛の時には、十二指腸潰瘍の可能性があります。(可能性です) 十二指

記事を読む

四十肩・五十肩にならないように、予防編・その2

2、肘上げストレッチをしましょう! 左右15秒キープして2~3セットやります。 最初はどちらか

記事を読む

ふくらはぎ肉離れ復帰までの期間

ふくらはぎの肉離れでは、軽度の症状の場合には約3週間の治療期間で軽いジョギングを開始できる場合もあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑