四十肩・五十肩でないかチェックしてみよう!

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 スポーツトレーナー, トレーニング, 四十肩・五十肩, 肩こり

四十肩・五十肩は、関節の老化によって起こる病気になります。五十歳頃に起こるのでこの名前であるが、三十歳でも四十歳でも同様の症状は起こりえますので若い方も良く読んでください。 四十肩・五十肩も根本的に同じ病気を指します。肩の周辺は骨が緩い(隙間が多い)場所で、可動範囲が大きいことから腕が外れる危険性も大きい病気です。筋肉や腱が張り巡らされているが、中年以降になると腱や靱帯が老化して関節の間で炎症をおこしたりします。症状としては、荷物を持ち上げるときに激痛が走ったりします。腕を上げて髪をまとめる事ができないことも、または、 後ろのポケットに手が届かなくなるなどします。対処法として  ・初期段階では、とにかく安静にすることです。炎症が抑えられるまで冷湿布をすること。腫れていたり、熱を持っているときには冷やすのが一番。  ・3~4日後、痛みが柔らいだ後は、動かすようにする。動かさず、安静を続けるのは厳禁です。患部が堅くなってさらに動かなくなってしまいます。だから動かすのもいいのですが  四十肩の体操を始める。有名な体操でアイロン体操があります。 四十肩である側の手でアイロンを持ち、反対側の腕は、テーブルにしっかり起きますよ。テーブルの縁からアイロンを持った腕がブラブラ動く 状態にしてください。前後にゆっくり動かしますよ。その後、左右にゆっくり動かします。そして、アイロンを軸に回転させますよ。 以上を徐々に可動範囲を広げながら繰り返します。だが運動するタイミングは医師の判断によりおこなうようにしてください!

images

 




関連記事

腰痛ストレッチ・その2

腰の内面をストレッチしていく。まずは両足を大きく開いてから、両ヒザの上に両手を置く前傾姿勢をとります

記事を読む

肩こりとは何か

肩こりとは、首や肩のまわりの凝り、腕に症状が及ぶものを総称して頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐ

記事を読む

肩こり改善策は!?

いろいろありますが・・・身近なものではこれがいいのではないですか!?肩を温めるには、電子レンジでなど

記事を読む

肩こりの種類・内臓トラブルタイプ

このタイプの肩こりにも要注意が必要です。そう内臓に疾患がある場合には、肩こりの症状が出る場合がありま

記事を読む

no image

自宅でできるダイエット

ダイエットにしたいなとわかっていても、運動が欠かせないことはわかっていても、一日の中で時間を選び出し

記事を読む

四十肩・五十肩・肩の痛みのサインを見落とすな!その1

肩の痛みは深刻な病気が潜んでいる可能性もあります・・・・肩の痛みがあるというのでこの先をチェックし

記事を読む

顔やせをしたいのなら運動をするべき

ダイエットには運動や食事制限・・。ダイエット=食事の制限と考えている方も多いはずです。だから我慢をし

記事を読む

運動を取り入れて四十肩・五十肩の治療をしよう

四十肩・五十肩は、高いところにずっと腕を伸ばした状態を続けたりして、テニスやゴルフで肩に多くの負担を

記事を読む

肩こりストレッチ・体操

・肩こりはなぜ起きるのか?頭と首を支える筋肉が緊張したままの状態になっているの状態なので、この筋肉を

記事を読む

腰痛の原因は冷えにも影響する

患部に直接働きかける方法としては、患部を冷やす方法と温める方法がありますね。どんなときに冷やして、ど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑