肩こり解消に欠かせないのが・クエン酸

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 その他, スポーツトレーナー, ダイエット, トレーニング, 四十肩・五十肩, 肩こり

ちなみに私の場合での話をしていきます。私は不愉快な肩の痛みを感じていましたが、クエン酸を毎日飲用することで、完璧ではありませんが、かなり症状が楽になりました。これは本当に助かりました。また、クエン酸の他にも様々な健康食品にはまりまして、多いときで20種類以上、朝・昼・晩の1回あたりで、手の平で鷲つかみにするほどの量を服用していました。飲めばいいものではありませんが何がいいのかは試さないとわからないので飲んでみたりしています!そして、このとき私が確信できたことが、「本当に良い商品を求めると価格も高価になるが、高価な商品が全て良いわけではない。反面、探せば安くても良い商品はあるんだと」ということでした。実際、私自身も月1万円以上の健康食品も服用して、肩こりは少し良くなりましたが。 ですが、クエン酸の場合でも、これと同等の体感が得られて、価格的にもクエン酸のほうが圧倒的に安いので、私は皆さんにクエン酸を勧めたいと思いますよ。そもそもクエン酸というのは、「レモン」や「梅干」に含まれる酸味成分のことですよ。 よく、「疲労回復にはレモンや梅干が良いんだ」という情報がメディアで流れていますが、 この疲労回復の秘密が、酸味成分である「クエン酸」です。これがまた効くんです。体内の完全にはもってこいなんです。クエン酸を摂取すると、疲労をこまめに回復させることにより、疲労が肩に蓄積した状態である「肩こり」の発生を防ぐのです。このクエン酸の飲用により、今はまだ肩こりを感じていない人の場合、将来の「肩こり予防」になります。 そして、現在において肩こりに悩んでいる人の場合では、症状を徐々に和らげてゆき、肩こりになりにくい体質改善が可能となります。お金がというかたは1日1個の梅干しを食べるのをおすすめします!




関連記事

肩こりの種類・急性タイプ

このように肩こりは急性タイプも存在します。 急性の肩こりには、若干血行不良型とかぶるところもあ

記事を読む

顔やせをしたいのなら運動をするべき

ダイエットには運動や食事制限・・。ダイエット=食事の制限と考えている方も多いはずです。だから我慢をし

記事を読む

四十肩・五十肩にならないように、予防編・その2

2、肘上げストレッチをしましょう! 左右15秒キープして2~3セットやります。 最初はどちらか

記事を読む

四十肩・五十肩でお困りの方

四十肩・五十肩で悩んでいる方は多数いるかと思います。原因は柔軟性の低下による急激な稼動による関節の損

記事を読む

腰痛解消には温熱療法も効果的

温熱療法は高温で急激に暖めるのではなく、適温でじっくりと時間をかけて暖めるのがポイントになります。

記事を読む

肩こりは体が冷えると良くない

よくカロリーを気にしてるから食べないとか会話で聞いたことはありませんか?ただ人間は普段運動しなくても

記事を読む

no image

筋トレの重要性

よく筋トレは太るからやらない。 マラソンのみで痩せる。 食事制限で痩せる。と耳にします。

記事を読む

筋力アップのプログラム

筋力をアップしたい方のためにウエートの回数を紹介します。 1セット目は1RMの80パー

記事を読む

肩こりとは何か

肩こりとは、首や肩のまわりの凝り、腕に症状が及ぶものを総称して頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐ

記事を読む

腰痛の時の患部の温め方・冷やし方

今回は冷やすのか?温めるのか?をご紹介していきます。温める場合は、体の中まで温めるお風呂などが良いで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑