肩こりストレッチ・体操

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 その他, スポーツトレーナー, ダイエット, トレーニング, 四十肩・五十肩, 肩こり

・肩こりはなぜ起きるのか?頭と首を支える筋肉が緊張したままの状態になっているの状態なので、この筋肉をほぐして血行を良くしてから、酸素や栄養を循環させ、老廃物を取り除き少しでも肩こりを解消できる体操・ストレッチをご紹介していきます。

そうこれを実践しましょう!90秒間で出来る簡単なストレッチの方法ですが、イスに座ってまずは肩甲骨を開くようにして腕を前に出して30秒間キープしましょう。
この時には、頭を屈めるようにしてストレッチをすると効果的になります。
30秒間キープが終わって、今度は状態を起こしまして左右の肩甲骨をくっつけるようにして腕を水平にして、肘を曲げてさらに30秒間キープします。
ここでは呼吸を止めないようにしてください!分かりやすく言いますと、腕を横に水平にした状態で肘だけを90度曲げます。
30秒間キープが終わりますと、さらにその状態から腕だけを万歳する形にして30秒間キープします。
わずか90秒間のストレッチですが、効果的に肩こりを改善することが出来ますよ。
呼吸に関しては、不自然に深呼吸をするのではなくて、普段通りの自然な呼吸にしましょう。ようはリラックスしておこなうのがポイントです。

肩こりを改善する時に重要なのは、出来るだけ体の血行を良くすることです。
体の血行を良くすることによって、肩こりで固まってしまった部分にも血液を送ることが出来ますので、肩こりが改善しますよ。
このストレッチを行う時は、血行が良い時に行うことが効果的ですのでお風呂上がりや、ドライヤーなどで片を温めてから行うとより効果的です。
筋肉は暖かい方がより伸びやすくなるわけなのです。
肩こりは酷くなる前に改善する事が良好な状態を保つために重要です。
手軽にできるストレッチを取り入れて、肩こりに悩まされない生活を送って下さい!

毎日動かして快適な生活を送って下さい!

yjimage757574

 




関連記事

痩せたいけど食べたいというわがままダイエット方法

最近のダイエット方法として朝食をしっかりと摂るダイエット法もありますが、その分夕食を減らすのは、朝食

記事を読む

内蔵脂肪はダイエットの天敵

年を重ねるにつれてお腹が出てきたなと感じる事はないですか?しかも常にお腹回りがきついと・・・。これは

記事を読む

小顔に近づくにはどのようにすればいいのか

女性必見!女性の方ならばこのしもぶくれに非常に敏感ですよね。鏡で自分自身を見た時に「なんか顔が太って

記事を読む

四十肩・五十肩にならないように、予防編・その2

2、肘上げストレッチをしましょう! 左右15秒キープして2~3セットやります。 最初はどちらか

記事を読む

ダイエットの基本の中の基本

最近、多くの方から痩せたいです。痩せるにはどうしたらいですか?と質問が多数あります。でも痩せるのは自

記事を読む

肩こりによる頭痛やめまいがひどくなるとどうなるのか

肩こりによる頭痛やめまいがひどくなるとどうなるのか? あまりに肩こりが悪化してしまうと、頭痛に

記事を読む

腰痛になってしまう前にする事

まず腰痛の症状になり始めたとき 腰痛の症状を治すにはそうしたらいいのか?あとは腰痛になり始めのころは

記事を読む

肩こりと腰痛の関係は

肩こりと腰痛も密接な関係がありますよ。一般的に女性のほうが肩こりで悩んでいる方が多いのが現状です。男

記事を読む

no image

筋トレの重要性

よく筋トレは太るからやらない。 マラソンのみで痩せる。 食事制限で痩せる。と耳にします。

記事を読む

顔やせダイエット方法

どんなにダイエットを頑張って痩せても、顔だけは脂肪が落ちないで大きいままという経験をしたことはありま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑