四十肩?五十肩?肩の痛みのサインを見落とすな!その4 まとめ

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 その他, スポーツトレーナー, ダイエット, トレーニング, 四十肩・五十肩, 肩こり

今回の記事のまとめになります。4つの記事にしましたがまだまだ気を付けないといけないことは多数あります。是非参考にしてください。まず急な肩の痛みでお悩みのあなたはすぐにでも解消する方法を知りたいと感じますよね!?急な肩の痛みに適した対処方法はどのようなものなのか説明していきます。この紹介していく方法を行うと 症状の状態によりますがあなたの痛みはかなりの確率で軽減されます。ぜひ実践してみてくださいね。まず、 症状の原因と一般的な対処法を 知っておく必要が有りますので簡単に説明します。急な痛みの多くは炎症からきます。炎症がある場合の見極め方は熱感、 発赤・あかくなること 疼痛(じんじん痛む)この3つが、 炎症症状の特徴になります。一般的な対処の方法としては 冷却湿布を貼り付けるという方法があります。ただし冷却湿布だけの使用では、 急な肩の痛みを一時的になくすことしかできません。そして根本治療とまではいきません。だがきちんとした使い方をすると、 急な肩の痛みを軽減するのに有効な対処方法になりますので 症状が出た場合には応急処置として有効するのがおすすめです。また湿布といっても冷やすものと 温めるものがあるのは知っているでしょう。急な肩の痛み(ズキズキ鋭い痛みがあるもの) に対してはまず、冷やすものを使用するのが適切になります。これは炎症を抑えるためです。だからまずは冷やす!だが急な肩の痛みに襲われても、 炎症(上記炎症の3特徴を参考)が起きていない場合には、 冷やすのは相応しくありません。冷湿布に関しては、ハードなスポーツや、 四十肩・五十肩などにより、 急な肩の痛みに対し使用する事になります。こうした痛みだと炎症がおきているので、 冷やすことで炎症をゆるめることを目指します。ちなみに、急な肩の痛みが生じてから、 3日経過する前に冷やして下さい。湿布以外の冷却法は いわゆるアイシングというやつになります。タオルで氷などを包み込み、 痛みが出ているところを30分間冷やします。(時間が短いと血流の流れがよくなり逆効果!)そうしたら今度は2時間冷やすのをやめて、 さらに再び30分間冷やすという手順を 3セットくらい行います。この対処方法を数日続けてくださいね。 これでかなり痛みは引きます。うまくいけば半分以下になります。 始めてから2日~3日間が過ぎて、 急な肩の痛みや炎症が落ち着いてきましたら、次には 温めて痛みによって起こった 筋肉の緊張を緩めていく段階になります。この頃にはするどい痛みも減り 日常生活に支障が出るほどの痛みからは解放されます。炎症症状には 早い段階で冷却を行う処置をはじめることが 痛み緩和の大きなポイントになります。よく頭に入れて下さい。そしてやるのをおすすめします。だがまずは痛みが出たら医者にいくのも頭に入れて自分は平気だということを捨てて下さい。大事なあなたの体です。大切にしてください。yjimageCA6KO2LD




関連記事

腰痛解消には温熱療法も効果的

温熱療法は高温で急激に暖めるのではなく、適温でじっくりと時間をかけて暖めるのがポイントになります。

記事を読む

四十肩・五十肩にならないように、予防編・その1

1、肩上げストレッチをやります! 1日、15回くらいに2~3セット行います。 初めにに掌を胸の

記事を読む

no image

ストレッチ

こんばんは! 寒い日が続きますね・・・・ 寒いので運動前には念入りにストレッチをしてくだ

記事を読む

肩こりの種類・急性タイプ

このように肩こりは急性タイプも存在します。 急性の肩こりには、若干血行不良型とかぶるところもあ

記事を読む

夏場は危険、置き換え系ダイエット

この時期は食が細くなりがちな方も多いのではないでしょうか?夏の暑い時期はただでさえ食欲が無く

記事を読む

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によって筋肉 が太くなり、力が強く

記事を読む

肩がこる原因・座ると良くないのか

◆これをやると首が危ない◆ ・電車で寝ててふと目が覚めるたら、隣の人に寄りかかるほど、首を横に

記事を読む

腰痛ストレッチ体操のご紹介

まずはストレッチにて腰痛を緩和しましょう!腰痛のときには腰の筋肉は緊張し拘縮していましょう。 この

記事を読む

肩こりと頭痛の関係は

肩こりと頭痛の関係について書きます。 頭痛にはさまざまな原因がありますが、肩こりと密接な関係を

記事を読む

肩こりの悩み・肩こり改善・その1

みじかなオフィスには肩こり原因がいっぱいだったのご存知ですか?そもそも肩こりは、オフィス環境にも問題

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑