腰痛の時の患部の温め方・冷やし方

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 その他, ひざ痛, スポーツトレーナー, トレーニング, 四十肩・五十肩, 肩こり, 腰痛

今回は冷やすのか?温めるのか?をご紹介していきます。温める場合は、体の中まで温めるお風呂などが良いですね。湯船に15分くらいつかります。他には、赤外線や痛む部分に当てるホットパック、ドライヤー、使い捨てカイロなど、またマッサージなどの方法がありますよ。温める時間は、ホットパックの場合10~15分ほどで、ドライヤーや使い捨てカイロでは腰の部分ならば15分以上(やけどに注意)、脇やお腹は5分以上温めてくださいね。特殊な方法としては冷灸といわれる方法がありますよ。これは急激に冷やした際に起こる反射性の血管拡張を利用して温かくする方法です。ビニール袋に冷蔵庫の氷を3~4個入れて、温度を下げるために塩を一つまみ加えて痛む部分に当てて、ゆっくり力を加えた後に、10秒ほどたったら離して、それを赤くなるまで繰り返します。注意することは冷やし過ぎないことです。後は乾いたタオルで良くふき取りをしてください。そして軽く揉んでおきます。終ってからは痛みの場所を冷やさないように注意してください。簡単で手軽な方法としては、タオルを水か氷水で濡らしたもので冷やすか、パップ剤を貼るか、市販のコールドパック(冷却剤の入ったパックを冷蔵庫で冷やしたもの)を使いましょう。氷で長時間冷やすのは冷やし過ぎです。※やりすぎは悪化の原因になります。かならずきわつけて下さい。

yjimageCABZYLJK585858




関連記事

激痛が走る腰痛とは・腰痛解消

われわれ人間にとって、腰痛とぎっくり腰は、とてもつらい病気になります。 ぎっくり腰になる状況と

記事を読む

肩こりストレッチ・体操

・肩こりはなぜ起きるのか?頭と首を支える筋肉が緊張したままの状態になっているの状態なので、この筋肉を

記事を読む

no image

運動の強度

運動の強度は、プログラムの進行に合わせ変化させます。椅子などを使った座位中心の運動から 始めて、立

記事を読む

運動を取り入れて四十肩・五十肩の治療をしよう

四十肩・五十肩は、高いところにずっと腕を伸ばした状態を続けたりして、テニスやゴルフで肩に多くの負担を

記事を読む

四十肩・五十肩にならないように、予防編・その2

2、肘上げストレッチをしましょう! 左右15秒キープして2~3セットやります。 最初はどちらか

記事を読む

肩こりの原因

最近、肩が凝るな・・・。と感じることはありませんか?それはなぜか?まず自分に言い聞かせて下さい。

記事を読む

トレーニング後のゴールデンタイム

みなさんトレーニング後のゴールデンタイムってご存知でした?そう筋肉の損傷が起きている間にタンパク質(

記事を読む

肩こりは体が冷えると良くない

よくカロリーを気にしてるから食べないとか会話で聞いたことはありませんか?ただ人間は普段運動しなくても

記事を読む

ダイエット・食事制限しても体重が減らなくなったのはなぜか

過去のダイエットで食事制限のみで順調に落ちていた体重が、どれだけ食事量を減らしても落ちなくなってしま

記事を読む

四十肩・五十肩にならないように・予防編・その3

3、腕上げストレッチをおこないます! 一連の動きでで1回として2~3セット目安にやります。 は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑