冷え性は貧血の原因にもなるので注意

公開日: : 最終更新日:2014/05/13 その他, スポーツトレーナー, トレーニング

気を付けて頂きたいのが貧血。貧血になりやすい人のほとんどの方にあてはまるのが、冷え性の症状を持っています。冷えを持っている場合に、貧血と低血圧とが悪い循環を作ってしまい、さらに病状を悪くしています。

貧血とは何か?

貧血とは血液中の赤血球・ヘモグロビンが減少して不足している状態の事を、貧血と呼びますよ。これらの成分は、酸素を体中に運搬する機能を担っています。だから、貧血になると身体の各器官が酸素不足の状態になってしまうんです。酸欠状態を脱却しようと、心臓はフル稼働しますよ。このため、動悸や息切れが起きやすくなります。心臓に大きな負担をかけてしまい更に、身体全体が低酸素状態になるので、機能障害が起きてしまいます。
あとは貧血と冷え性の関係ですが、身体が冷えると血行が悪くなります。そして低酸素状態になって貧血を引き起こします。そして、酸欠状態が機能のさらなる低下を招いてしまう。このように、貧血と冷え性には、相互に症状を悪化させるという負の関係があります。だから冷え性には注意してください!

改善はお風呂で指をもんだりグーパーの動きをするといいですよ!

 




関連記事

肩こり体質改善で欠かせないポイントとは何か

。。???は「3日坊主」で終わってしまうのですが。そこで、継続させることが苦にならない肩こり解消法と

記事を読む

肩こりによる頭痛やめまいがひどくなるとどうなるのか

肩こりによる頭痛やめまいがひどくなるとどうなるのか? あまりに肩こりが悪化してしまうと、頭痛に

記事を読む

no image

ストレッチ

こんばんは! 寒い日が続きますね・・・・ 寒いので運動前には念入りにストレッチをしてくだ

記事を読む

肩こり解消に欠かせないのが・クエン酸

ちなみに私の場合での話をしていきます。私は不愉快な肩の痛みを感じていましたが、クエン酸を毎日飲用する

記事を読む

腰痛ストレッチ・その2

腰の内面をストレッチしていく。まずは両足を大きく開いてから、両ヒザの上に両手を置く前傾姿勢をとります

記事を読む

四十肩・五十肩にならないように・まとめ編

四十肩や五十肩は、重症になると普段の生活にも支障をもたらしてきます。 服を着るのも痛い・・・・

記事を読む

no image

1回のトレーニングの時間配分と進め方

〇 1回60分~90分程度のトレーニング時間が理想的です。 〇 1週間に2回程度の開催回数が理想的

記事を読む

no image

これを守れば痩せる・運動編

運動はしましたよね!? 積極的にね。 運動嫌いな方もいるかもしれませんがきれいに痩せるためには必

記事を読む

筋肉の超回復の時間

運動をしてきた人なら超回復という言葉は耳にしたことがあるだろう。ただ筋肉の超回復の時間を部位

記事を読む

緊張性頭痛の原因を探ろう

悩ましい肩こりからくる頭痛はどうしたら改善できるのでしょうか。この重い痛みとして感じるため、ズキズキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




適度な運動により心肺系が強くなり疲れにくくなる身体へ

人間は運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。 また

適度な運動をする事により筋肉が強くなり疲労しにくくする

人間は強い運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によっ

適度な運動効果は関節や筋肉が柔らかくなります

適度な運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります

女性の悩み、産後体重が減らない

産後の悩みで体重が減らないのは大きすぎる悩みですよね。 そこで少

適度な運動効果は骨が丈夫に

運動をする事により骨に力が加わります。 この力が骨をつくる細胞の

→もっと見る

PAGE TOP ↑